車のキズを直すプロ

>

車検ついでに

どのくらいのキズは車検が通るのか

そもそも、キズの深さによっては車検自体が通らないので絶対的に直さなければならないケースもあります。
どんなに気を付けていても草で浅いキズがついてしまう場合もありますよね。
こういったちょっとしたキズが数個程度であればおそらく車検の検査にはひっかかりませんが、バンパーやライトあたりがひどくキズついていたり、へこみがある場合には直すまで車検が通らない可能性もあります。
また、そういった細かく浅いキズであっても、複数ライト部分などにある場合には、光が十分に出ないなど安全性に欠けることから車検が通らない場合もあるので、注意が必要です。
これらは車検予約時に伝えておくと良いかと思いますが、車検に通る通らないに関係なく、キズはその後サビついて直すのが厄介になっていきますから、できるだけ直しておいた方がよさそうではあります。

車検メインの業者とは

長年車をお持ちの方は、いきつけの車検専門店があるかと思いますが、できるだけ格安にしたい場合にはカー用品店などがしている車検サービスを利用するのも良いのではないでしょうか。
例えばコバックやホリデーなどは比較的格安で車検をすることをうりにしているようです。
コバックの場合は軽自動車で42,000円から行っているようです。
ホリデーの場合もコバック同様、軽自動車で42,000円から行っているようです。
一昔前は、車検は10万円くらいが相場でしたので、今はとてもリーズナブルな価格になっていて助かりますね。
車検にも1時間以内で簡単にできるものから、丸一日かけてじっくり細かいところまで検査するものまで、種類がたくさんあるようです。
もちろん、じっくり見てもらった方が安心ですが、その分費用がかかるようなので、車の調子や年代、予算に合わせてその年で使い分けてもいいかもしれませんね。


この記事をシェアする